配管見積もり・積算

配管の見積もり手順

配管の見積もりには手順が有る

プラント配管工事の見積方法ですが、世の中にはざっくり3通りあります。

  • 溶接ビードの総長さで考えるDB(インチダイヤ)見積り
  • 配管の口径と配管の長さで考えるBM(インチメーター)見積り
  • 配管重量で考える(円/ton)見積り

とまぁ、こんな感じかと思います。

私はDB見積りの一択でしか経験がないので、他の方法にはここでは触れません。というか知らない事は書けないという、悲しい事情です。

積算の方法として配管の物量を全てDBに換算しますが、法則さえ理解すればとても単純です。数え方は別の記事にありますよ。

合せて読みたい
インチダイヤ

配管のインチダイヤとは? インチダイヤとは、溶接線の長さの事ですよ。   1inch(1B ...

続きを見る

合せて読みたい
配管DBの集計

インチダイヤの集計は重要な作業 この記事の内容は数量拾い出しと若干カブりますが、大事なので読んで下さ ...

続きを見る

配管の口径は全てインチ表記でまとめた方が、とても理解しやすいです。

ミリ表記 100A = インチ表記 4Bというヤツですね。

配管のDB(インチダイヤ)は

 

溶接するリング数 × ○○B = ○○DB

 

となります。
これさえわかれば、後はひたすら図面から拾い出すのみ、でも物量が多いと結構というかかなり大変です。

物量の拾い出しは慎重に

配管物量の拾い出しは慎重にていねいに行いましょう。
そして2回はチェックしましょう。再確認は大事です。

© 2021 【DB単価が読める】配管の見積・積算