プラント業界雑記

プラント配管工・溶接工 常用単価

人工単価は下請け構造の順位で変わる

衝撃の記事
溶接配管工場製作DB単価近日公開!

DB単価は会社ごとに違います プラント配管業界に居ると、「DB単価」という言葉をよく耳にしませんか? ...

続きを見る

人工単価は施工体制の序列によって変わります。

プラント配管工事においての人工当たりの単価は、下請け構造上どの位置にいるかによって変わります。

よくある年商100億くらいの中堅クラスのゼネコン(セミコン)をトップに考えた場合は、例として以下のようになります。

あわせて読みたい
プラント配管のDB単価

配管のDB単価 プラント配管工事の引合いでよく聞かれるのが DB単価いくらですか? そんな時は決まっ ...

続きを見る

元請会社【一次請け】
配管工:26,000円/人工
溶接工:30,000円/人工

協力会社【二次請け】
配管工:22,000円/人工
溶接工:26,000円/人工

協力会社【三次請け】
配管工:18,000円/人工
溶接工:22,000円/人工

これはあくまでも例ですので、元請け企業がもっと年商の多い企業であれば、さらに数千円は上がると思います。

まぁ上記のコストは見ての通りですが、4,000円ずつ抜いて協力会社に発注、というのが結構良くある話です。

あなたの会社は何次下請け?

一般的にプラント配管を主業務としている会社の日給は、上の数値マイナス6,000円くらいが上限でしょう。

つまり「どの位置にいる」会社に就職するかによって、技量に関係なく取り分は変わるのです。

三次請けメインの会社の溶接工で日給13,000円、一次請けメインの会社に転職して日給20,000円という例も有ります。ごく普通の話でサクセスストーリーではありません。

序列のどこにいる会社か?とっても大事です。

© 2021 【DB単価が読める】配管の見積・積算