プラント業界雑記

プラント配管のDB単価

配管のDB単価

プラント配管工事の引合いでよく聞かれるのが

DB単価いくらですか?

そんな時は決まって、こう返します。

口径、材質、肉厚、ルート間隔を提示して!

DB単価は材質、口径、肉厚、ルート間隔によって変わります。

  • 材質により溶接部の磨き加工時間は変化する。
  • 肉厚により溶接部のパス数が変わる。
  • ルート間隔により溶接部のパス数が変わる。

こういった具合に条件が変わると作業時間が変わります。つまり作業コストは配管の条件提示が無いと算出出来ないのですよ。

併せて読みたい
インチダイヤ

配管のインチダイヤとは? インチダイヤとは、溶接線の長さの事ですよ。   1inch(1B ...

続きを見る

 

DB単価は会社によって違う?

私の場合は新規の配管業者さんにDB単価を聞くなら

 

SGP-B 50A 10リング溶接する場合の見積もりいくら?

 

で聞きます。

この一つの質問で配管業者さんの能力や設備まで予測がつきます。

見積もりのデータベースは大事ですよ。

工場製作に限った例で説明すると、DB単価が850円以下ならその会社は非常に仕事が早いし、1000円ならごく普通なレベルですね。

ちなみに現場のDB単価は全く違うので、混同しないようにお願いしますね。

あっ!ちなみに元請けさんに問の条件でDB単価850円で仕事頼みたいと言われたら、私は断ります。

仕事は儲けてナンボ、なので。

© 2021 【DB単価が読める】配管の見積・積算