プラント配管日誌

注文書のファクタリング?




 

売掛債権買取業務を行っている場所に対し、債券を売却し現金化する資金調達方法が「ファクタリング」。

中小企業にとって利用価値が高い資金繰りの方法であることで急激に浸透してきているが、新たに「注文書ファクタリング」という形式のファクタリングを行う業者も現れ始めている。

これから浸透するかも知れない注文書ファクタリングの特徴や、従来のファクタリングとの違いを紹介する。

ファクタリング

ファクタリングとは「売掛債権を売却し現金化する資金調達方法」のこと。

既に欧米では一般的な資金調達法として認知されており、中小企業経済産業省中小企業庁も「売掛債権の利用促進」を推奨していることから、今後も利用する企業が増加することが予想される。

 

通常のファクタリング・注文書ファクタリング共通のメリット

・融資ではない
・即日資金調達が可能
・経営状況が芳しくなくても利用できる

ファクタリングは融資とは全く違う資金調達法であり、担保も保証人も必要なく利息が発生することもない。

さらに独自の審査基準により赤字経営や税金滞納といった融資では審査診査通過が難しい状況であっても、売掛債権の信用度が審査で重要視されるファクタリングであれば通過できる可能性がある。

また即日での債券現金化も可能などタイムリーな資金調達が行いやすいのも特徴。

 

通常のファクタリング・注文書ファクタリング共通のデメリット

・債券の額面以上の資金調達はできない
・2社間ファクタリングは手数料が高くなりやすい
・3社間ファクタリングは売掛先への通知が必須

債券の売却時には手数料が必要であり、債権の額面を上回る額での買取は絶対にあり得ない。

また手数料は契約方法によって大きく左右されるが、売掛先への通知を行わない2社間ファクタリングは手数料が高くなりやすいというデメリットがある。

3社間ファクタリングは手数料は低く設定されやすいものの、売掛先からの理解や協力が必要となり、会社間の信頼関係が重要となる。

 

注文書ファクタリングと通常のファクタリングとの違い

新しい形のファクタリングとして少しずつ注目を浴び始めている「注文書ファクタリング」は、メリット・デメリットの点では通常のファクタリングと共通している項目が少くない。
大きな違いとなるのは利用できるタイミング。通常のファクタリングよりも早いタイミングでの資金調達が可能になるが、デメリットも少くはなく特徴を理解して利用しなくてはならない。

 

「請求書」ではなく「注文書」が買取対象

常のファクタリングで買取対象となる売掛債権とは、受注した仕事に対して商品の納品やサービスの提供を行った後に発生する「請求書」などのことを指す。それに対して注文書ファクタリングでは、その名の通り「注文書」が対象となる。

注文書は受注時点で発行さるので、債権が発生するタイミングに大きな差が出ることになる。

 

受注段階での資金調達が可能になる

ファクタリングは債権が発生すれば利用可能となるで、請求書を対象とした買取よりも注文書ファクタリングは早期に資金調達ができる。

受注した仕事によっては、資金調達できるようになるまでに月単位での差が発生する可能性もあり、受注段階での資金確保のためには注文書ファクタリングは有効な選択肢となる。

 

2社間での契約が基本

注文書ファクタリングは売掛先からの承諾を得ずに契約を行う2社間での契約が基本。

代金を請求できる段階ではないので当然とは言えるが、売掛先に知られずに資金調達が行えるのはメリットにもなるはず。

しかし2社間ファクタリングのデメリットとも言える手数料の高さや、債権代金の回収とファクタリング会社への入金の手間などがあることは忘れてはならない。

 

手数料が高くなる傾向がある

契約方法と共に、債券の回収リスクも手数料に大きな影響を与える要素の1つ。
注文書を対象としたこのファクタリングは、請求書を対象とした従来のファクタリングよりも回収リスクは間違いなく高くなる。

また支払いが実行されるまでの残り日数も手数料に影響がありますが、残り日数に関しても注文書を利用した場合は長くなる。

2社間契約であることも併せて、注文書ファクタリングの利用時には手数料が高額になる可能性が低くはないことは理解しておくべき。

 

審査基準は通常のファクタリングより厳しめ

回収リスクが高くなるほどに、ファクタリングの審査に通過するのは難しくなる。
これはつまり、回収リスクが高くなりやすい請求書ファクタリングは通常のファクタリングより審査通過が難しくなってしまうということ。
新規はもちろん、実績の少ない取引先からの債券は買取がほぼ不可能など、従来のファクタリングと比較して利用しやすいと言うことはできない。

 

取り扱っているファクタリング会社が少ない

注文書ファクタリングを取り扱っている場所はまだまだ数が少く、サービスが洗練されているとは言い難いのも事実。
取り扱っているファクタリング会社の数が少ないことで比較検討も行いづらく、理想的な条件で契約できる場所を見つけるのも容易ではない。



© 2021 【DB単価が読める】配管の見積・積算