配管用語

配管 伸縮継手

配管 伸縮継手

温水管や蒸気管などにおいて熱による伸縮に対応するため、伸縮する管の収縮量を吸収することを目的とした管継手。

鋼管は一般に温度100℃上昇に対して長さ1m当り1.2mm伸びるので、30mに1個程度の割合で伸縮継手を設ける必要があります。

伸縮継手の型式としてはスリーブ形、バックレス形、ベローズ形、ベンド形などがあります。

© 2021 【DB単価が読める】配管の見積・積算