配管用語

配管の開先加工

配管の開先加工

溶接を行う場合、溶接部の溶着金属の溶け込みをよくし、強度を強めるため、板の断面に適当な形状に加工することを開先加工と言います。

開先の形状はI形、V形、X形など多種ありますが、管を突合わせ溶接式結合方式で接合する場合は原則としてV形開先が一般的です。

© 2021 【DB単価が読める】配管の見積・積算